Circle CROSSROAD

自衛隊や米軍関連のイベントのレポートを中心としたサイトです。

勝田駐屯地・施設学校開設65周年記念行事

2016年11月6日(日)、勝田駐屯地・施設学校開設65周年記念行事に行ってきました。
以前より行きたいとは思っていたのですが、他の行事とバッティングしたり、天候が優れず断念したりと機会がなく、今回が初めての訪問になります。

シャトルバスで駐屯地に向かう途中、中に双腕重機を発見したので、もしかしたら体験操縦出来るかなと行ってみると運良く整理券ゲット。


東京消防庁の双腕重機の操縦席には以前座らせて貰ったことはあるのですが、実際に操縦するのは初めて。こんな機会は滅多にありません。






施設科主体の訓練展示も興味深かったのですが、双腕重機の前に吹っ飛びました。


双腕重機の自衛隊での正式名称は「双腕作業機」といい、平成27年度予算で2台が調達され、本年3月に施設教導隊に配備されました。

東京消防庁や川崎市消防局のものとは違い、日立建機の「ASTACO NEO」がベースとなっており、主に災害派遣に用いられるため、通常の演習などでは殆ど用いられないそうです。




車体がオリーブドラブに塗られている以外は基本民生用のものと同じ。
左右のレバーとフットペダルで主腕を動かし、レバーの上のタブスイッチとフットペダルで副腕を動かします。
体験操縦は一人6分間で、主腕の操作のみ。動作の説明を受けた後、目の前に置かれた古タイヤを動かすものでしたが、個人的にはそんなに難しいものではなかったです。
ただ、聞いたところ副腕の操作はかなり敏感で、少し触っただけでも「ガコン」となるとのことでした。


あと、もう一つ初見だったのはこちらの坑道掘削装置。


坑道を掘るために用いられるもので、先端のドリルで穴を掘り、ズリをベルトコンベアで後方に送るものです。
今回は動作展示だけでなく、自走をする珍しいシーンも見ることが出来ました。

少し東京から遠いですが、楽しい展示が多かったので、また来年も行ければと思います。
ありがとうございました。

平成28年度入間基地航空祭

2016年11月3日(木・祝)、子供を連れて入間基地航空祭に行ってきました。
F系は先週の岐阜で満足していたので、それほど気合は入れてなかったのですが、やはり快晴の空の下の航空祭は楽しいですね。






子供も最初はグズってたのですが、C-1が飛び始めると気分を持ち直し、ブルーの頃には「すご~い」と空を見上げていました。

もっとも片手で子供抱っこしながらもう片手でフルサイズ機と望遠レンズ構えて撮るのは無理ゲーです(涙






今年の参加者数は13万人だったとか。
その割に混んでる印象がありましたが、30分で電車に乗れて座れたので、そんなもんだったのかなぁ?

参加された皆さまお疲れ様でした。

平成28年度岐阜基地航空祭

2016年10月30日(日)、2年ぶりに岐阜基地航空祭に行ってきました。
お目当ては一般初公開されるという先進技術実証機(ATD-X)「X-2」。
今年の4月に初飛行し、5月に防衛装備庁に納入された後、一度も飛行することがなく、「何か不具合でもあったのか?」と噂されていた機体です。


開門直後に真っ先に行くと、すでに結構な人だかり。
その後どんどん列が伸びて、最大で4時間待ちとかアナウンスされたそうで。
防衛装備庁の人は「そんなにこないだろう」と高を括っていたみたいですが、かなり甘かったみたいです(苦笑)。


話を聞いてみると、納入後全然フライトが行われていなかったのは不具合があるわけではなく、計測用の各種センサの取り付けやテストが行われていたからだそうで、それらが終わったため今回の初公開となったそうです。
来月以降フライトは行われるそうですが、このような形の一般公開は最初で最後になるだろうという話でした。

X-2を撮影した後、隣の格納庫へ。
こちらでは毎回、飛行開発実験団所属の機体が開発中の装備を吊るして展示しています。

今年はF-15J(#928)がAAM-4とAAM-5、それにTACOMを2機吊るすという豪華仕様。
でもTACOMはRQ-4導入が決まったため開発終了。今回の展示の後廃棄されるとのこと。

他にも奥の方で不発弾処理用の装備品が展示されており、ロケットレンチやディアーマにワクテカ。




そんなことをしていたら天候偵察(と言っても岐阜の場合は機動飛行)が始まってしまったので、慌てて滑走路の南側地区へ移動。


お陰で地上展示はろくに取れなかったのですが、








飛行展示は最高でした。
毎度のことながらテストパイロットのみなさんの腕はすごいです。



2年前に撮れなかったXC-2の試験飛行も見ることが出来、大満足の航空祭でした。
来年も出来ればまた行きたいと思います。

平成28年度自衛隊観閲式

2016年10月23日(日)、朝霞訓練場で行われた平成28年度自衛隊観閲式に行ってきました。

今年の目玉は機動戦闘車(MCV)……ではなく、米陸軍のM1126 ストライカーICV M1256 ストライカーICVV。
席を確保したら真っ先に装備品展示会場に向かいます。


いましたいました。
第2旅団戦闘団4/23歩兵大隊B中隊所属のストライカー装輪装甲車です。
ワシントン州フォート・ルイスに駐屯し、2ヶ月ほど前に日米合同演習「オリエント・シールド」のため来日。饗庭野演習場とキャンプ富士で訓練を重ねてきたとのこと。
今日は1個中隊8両が朝霞駐屯地に入り、1両が展示。7両が祝賀走行に参加しました。


ストライカーが日本国内で一般公開されたのはこれが初めてじゃないでしょうか?
本当はM1128 ストライカーMGSを持ってきて、MCVの横で展示してほしかったのですが、まあそれも暫く先には実現するでしょう。


後、海兵隊からはMV-22が2機祝賀飛行に参加しましたが、まあこちらはあちこちで見かけるようになりましたしね。


自衛隊側は今回初めて試験飛行の名目でC-2(アナウンスはXC-2)とC-1FTBのフライパスを実施。


そして今年の観閲式は昨年の観艦式に引き続きブルーインパルスが参加。
2004年の観閲式に参加した際は航過飛行でしたが、今回は編隊連携飛行を実施しました。




空模様が心配されていましたが、青空の下ブルーの演技を見ることが出来て良かったです。





参加された皆さまお疲れ様でした。

国際航空宇宙展2016

体調を崩したりして更新が滞っていましたが、少しづつ再開していこうと思います。

2016年10月15日(土)、東京ビッグサイトにて行われた国際航空宇宙展2016パブリックデーに行ってきました。
本当はトレードデーに潜り込むつもりだったのですが、別件があったたためこの日しか行けなかったのです。

目的はF-35Aのモックアップ。
トレードデーでは座らせてくれたそうですが、私が行ったときには残念ながらキャノピーは閉じられていました。
けど、柵も何もなかったのであちこち触り放題。
実機を触ることはまず無理なので、それはそれで良かったかなと思います。





展示ブースは一部のブースが閉じられていて残念な印象。
まあ商売には関係ないのでしょうが、もう少し盛り上げてほしかったですかね。





やっぱり次回はトレードデーに行きたいと固く誓ったJA2016でした。