Circle CROSSROAD

自衛隊や米軍関連のイベントのレポートを中心としたサイトです。

防衛省PFI事業船「ナッチャンWorld」見学

2017年2月28日(火)、「ナッチャンWorld」が7年ぶりに横浜に来航し、船内公開が行われるということなので行ってきました。


午後休みを取り大さん橋に行くと、「ナッチャンWorld」がすでに大さん橋に接岸しています。
8年前と外見上最も異なるのがこのランプ。
船尾ランプウェイは専用の護岸でないと車両の卸下が出来ないため、2011年に設けられたもので、転地演習や熊本地震などの際にも使用されました。


午前中には各種車両の搭載訓練が行われていたそうで、船内には座間駐屯地の第390施設中隊や武山駐屯地の第31普通科連隊の車両が搭載され、災害派遣機材の説明が行われていました。


そして旧食堂・娯楽室では南関東防衛局主宰の「見てみよう!聞いてみよう! 自衛隊の災害派遣活動 in ナッチャンWorld」というイベントが行われており、横浜駐屯地に所在する中央輸送業務隊他の担当者による講演とパネル展示が。

ナッチャンWorldの田邉船長(海自OB・元ひゅうが艦長)
中央輸送業務隊副隊長・坂元2等陸佐


中央輸送業務隊については以前より興味を持っていましたが、東日本大震災や熊本地震、各種海外派遣活動などでの中央輸送業務隊の活動については初めて知ることが多く非常にためになる講演でした。
(講演が終わったあと、会場の端にいらっしゃった坂元2佐を捕まえてあれこれお話を伺わせていただきました。ありがとうございました)



「ナッチャンWorld」も何度かの運用実績に伴い改修が行われていて、以前は座席だった客室は全て収納式のベッドになっています。
それにより乗客定員も780名から500名に減少しているとのこと。


でも、あちこちに客船時代の意匠が残っているので、かなりチグハグな感じを受ける船内でした。


しかし有意義な見学だったと思います。
また横浜に有事や災害派遣以外で寄港する日を楽しみにしています。

木更津駐屯地創立48周年記念行事・第44回木更津航空祭

平成29年2月25日(土)、木更津駐屯地創立記念行事に行ってきました。
例年5月か10月に行われている木更津の記念行事ですが、昨年は伊勢志摩サミットと中央観閲式が重なった影響もありこの時期に。
米軍のオスプレイの修理拠点になったため、そちらの登場も期待されましたが、残念ながら今回はその姿を見ることは出来ませんでした。

また、今回新たに航空資料館がリニューアルされ、そのオープン記念式典も行われました。


用廃後も復元の上大事に保管されてきたV-107(36号機)も航空資料館に移され、常時展示されることになったのですが、残念ながら資料館内部は撮影禁止とのこと。
外観を撮りたいという人もいると思うので、記念行事の際には正面を開放の上外部から撮影出来るようにしてもらえれば嬉しいところです。

記念行事は冬場の開催ということもあって、招待席が格納庫の中に設けられたため、例年とは全く違った感じに。




祝賀編隊飛行も例年は南から北に向かって飛行していたのですが、今年は北から南へ。しかも来賓の真上をフライパスする迫力あるものに。



残念ながら祝賀編隊飛行には第4対戦車ヘリコプター隊のAH-1Sと相変わらず飛行停止中のOH-1は不参加。
続いて行われた航空機紹介にはAH-1Sは参加しましたが、訓練展示には不参加でした。


ただ、それに代わって息を吐いたのが特別輸送ヘリコプター隊のEC225LP。



そして訓練展示ではUH-60JAとOH-6D、そしてCH-47J/JAが大活躍。
第1空挺団の偵察部隊を潜入させ、その後普通科部隊を展開。



LZを確保するためUH-60JAがドアガンで敵を制圧の上、増援装備を投入。




降下訓練始めのもやもやがこれで一気に吹き飛びました。
いやー、楽しかったです。


久しぶりに体験飛行を楽しむことも出来、充実した記念行事でした。
また次回もよろしくお願いします。

平成29年第1空挺団降下訓練始め

2017年1月8日(日)、毎年恒例第1空挺団降下訓練始めに行ってきました。
年々人出が増えているこのイベント。雨予報でしたが、午前中は保ちそうだったので、去年よりも更に早く0530に到着し、列に並びます。


3時間並んでようやく開門。
なんとか奥の台を確保し、まずは情報収集。
今年は例年参加していた戦車や装甲車の類が一切参加せず、訓練展示は交戦訓練装置2型(いわゆるバトラー)を用いた展示になることを確認。
ここ最近の島嶼奪還想定には辟易していたので、期待が高まります。

例年は1030から試験降下が開始されるのですが、今年はその前に空挺団の訓練内容として落下傘の展張要領と、降下前訓練が、そして降下誘導小隊の気象観測と航空機誘導標の設置が展示されました。

12傘(696MI)の手動展張展示。

機内からの飛び出し要領を確認する「模擬扉訓練」

着地の際の受け身(五点着地)を取る訓練。
パラシュートの装着と安全確認。
降下誘導小隊による気象ゾンデの放球。ゾンデの上昇する角度や速度を計測することで風向や風速を得ます。

得た結果を元に、航空機に対し進入方向を指示するための誘導標を設置。
そして初降下開始。
今年は団長が自由降下(FF)資格を持っているので、団長自ら第1普通科大隊長を連れて自由降下。




その後、最年少隊員や最年長隊員、第2普通科大隊長以下各指揮官が降下。


そして防衛副大臣以下を乗せたCH-47Jが着陸するのですが、今年は2番機が離陸後すぐに一般観覧席の前に着陸。
何をするのかと思えば、先程装備をつけた隊員を搭乗させます。



CHが離陸すると、上空で待機していたC-1及びC-130H輸送機から12傘並びに13傘を用いた空挺隊員80名が降下。





一部の隊員は水上着水用の救命胴衣を展張したり、冬季用の衣装を来ていたのですが、降下ポイントが遠すぎて超望遠レンズでやっと確認できる程度だったのが残念。


そして今年始めて米陸軍より第1特殊戦グループ第1大隊所属のグリーンベレー15名が参加し、内9名が降下を行いました。


引き続き行われたのが空挺団内での勝ち抜き戦を勝ち進んできた普通科中隊のガチバトラー戦。
一般観覧席側に青軍、反対側に赤軍が展開し、重迫撃砲の支援を受けて戦うのですが、これが何やってるのかさっぱりわからない。。。






後から見直してみると青軍の重迫撃砲で赤軍が壊滅状態になったため、あっさり陣地を占領された感じがするのですが、例年あったオーロラビジョンもなかったので終始「?」な感じでした。
ニコ生見てた方が分かりやすかったんじゃないかと思います。

事前のアナウンスで「スマホでニコ生を観てもらえれば」とあったので、そちらを期待されてたのだと思うのですが、流石にあの寒い観覧席でスマホを出すのは無理。

企画としては面白いので、もし次回もやられるのならばもう少し魅せ方を考慮していただけるとうれしいです。

そして最後に航空自衛隊の救難員3名と空挺隊員12名による自由降下が行われ終了。


あまりに寒かったのと心が折れてたので防衛副大臣の訓示も聞かず撤収。
最寄り駅でチャーシュー麺肉マシマシを食べ帰宅したのでした。