Circle CROSSROAD

自衛隊や米軍関連のイベントのレポートを中心としたサイトです。

コミックマーケット90新刊のお知らせ

8月12日より行われるコミックマーケット90(C90)にて、自衛隊・米軍関連のイベントのレポートをまとめた同人誌「EVENTREPORT No.14.5」及び「EVENTREPORT No.15」を頒布します。



コミックマーケット90
3日目 西地区 "ほ"20b「サークル・クロスロード」
にてお待ちしております。

第2師団創立66周年旭川駐屯地開設64周年創立記念行事

2016年6月19日(日)、旭川駐屯地で行われた第2師団創立66周年旭川駐屯地開設64周年創立記念行事に行ってきました。
人生3回目の北海道。前2回は東千歳駐屯地と千歳基地w。今回は前日入りしたので珍しくグルメも観光も楽しんできました。


内地のイベントと同じように開門1時間前に行ったら並んでたのは15人。
駐車場待ちの車が多くなりすぎたのか早い目に開門。
結局一番乗りで観閲台の横に陣取ります。


早速、装備品展示会場を見学。
第2師団隷下の第2戦車連隊は、戦車教導隊と第1機甲教育隊以外で唯一10式、90式、74式の三世代の戦車を装備している部隊です。
90式には全国で唯一T-ReCS(戦車連隊指揮統制システム)が装備されており、連隊本部と隷下部隊の間でネットワークが構築されていたのですが、


「あ、あれ広多無入ったので外しました。遅いし、広多無の方が性能いいんで」
「なんだってー!」
同様にReCS(基幹連隊指揮統制システム)も近々運用止めちゃうのだとか。
まあ帯域狭くて通信速度に制約があり、評価低いとか言われてたしねぇ。

でもReCSやADCCS(対空戦闘指揮統制システム)を観たくて旭川まで来たのに、装備品展示どころかお亡くなり宣告を受けてしまいました。

とりあえず観閲行進にはADCCSとFCCS(火力戦闘指揮統制システム)、そしてFiCS(師団等指揮システム)が参加してくれたので写真には撮れましたが、もっと話が聴きたかったです。




観閲式はブルーインパルスの飛行展示が予定されているのであっさり終了。






第1空挺団の空挺降下の後、観閲行進を経て、いよいよブルーインパルス……だったのですが、写真の通り上空をべったり雲が覆っていて、下に降りるコリドーがなかなか見つからず。
旭川空港上空で20分近く待機し、もう駄目かと思われたその時、奇跡的に雲の切れ間が見つかりブルーインパルス登場。




当初13課目予定されていたそうですが、待機の時間が長かったため7課目に。
それでも5番機が物凄く低いローパスを決めると、会場内からどよめきの声が上がっていました。

ブルーの後は訓練展示。
例の実弾間違え事案がまだ解決してないので模擬戦ではなく各種装備の機能展示に。






それでも迫力あるパフォーマンスに観客の皆さんも満足していたみたいです。

訓練展示終了後、駐屯地内をウロウロして結局1400過ぎに離脱。
飛行機の時間まで6時間ほどあったので、旭川駅周辺で暇をつぶして東京へと戻ったのでした。

よこすかYYのりものフェスタ2016

2016年6月11日(土)、よこすかYYのりものフェスタ2016に行ってきました。
子供を連れて車で行ったので、横須賀地方総監部に着いた時にはすでに開門済。公開艦「いずも」の前には列が出来ています。



ヘリコプター乗りたい、消防車乗りたいと機嫌が悪い子供をなだめすかし、「いずも」に乗艦。


「いずも」は前にある第1昇降機で飛行甲板と格納庫を移動するのですが、第1昇降機の運転間隔が開いていて、飛行甲板に上がるのに結構時間が掛かりました。
去年のフリートウィークでの一般公開でも故障していましたし、階段を使った見学順路を整えた方が良いのではと思います。



タイミングが悪かったのか、CIWS君にもウマにも出会えず。

ところがベタ金の幹部が歩いていたので、艦長かなと思い話しかけたところ、なんと「かが」の艤装員長遠藤一佐。


なんでも「かが」の参考にするため「いずも」の広報配置を視察に来ていたのだとか。
「かが」も夏から公試が開始され、来年春に就役の予定ですが、素晴らしい艦になることを期待しています。

結局、時間切れで三笠公園の方は回れず。
ご飯を食べて帰投したのでした。

古河駐屯地創立62周年及び第1施設団創隊55周年記念行事

2016年5月29日(日)、古河駐屯地創立62周年及び第1施設団創隊55周年記念行事に行ってきました。
0800過ぎに古河駅に到着しシャトルバスに乗車。
0815に駐屯地正門着。

2年前に行った時は100人以上の列が出来ていましたが、今年は半分以下だったので開門後手荷物検査を受けて観閲台近くの最前列に余裕で場所を確保。

全体的な流れは2年前と同じで、最初に音楽隊の演奏があり、式典、観閲行進、アトラクション、訓練展示、装備品展示の順番。

ところが、まず音楽隊が高田駐屯地音楽隊と高射学校音楽隊の合同編制。


あれ、正規の音楽隊はどこに?

他にも観閲行進で応援に来ていた施設学校や武器学校、第1師団に第12旅団の車両が参加。





アトラクションでは第1空挺団の自由降下の他に、油圧シャベルがダンスではなく書道に挑戦。


そして訓練展示は前週北海道で発生した空砲と実弾の取り違え事案のため全部隊に空砲使用禁止命令が出ているため、模擬戦から装備品の機能展示に急遽変更。






しかも中心が施設団なのに施設科部隊が全然参加してないし。

装備品展示も施設科装備が殆ど参加せず、なんかモヤモヤした感のある記念行事になってしまいました。

来年は是非施設団らしい展示を期待します。

東京みなと祭

2016年5月14・15日(土・日)と東京港晴海埠頭で行われていた東京みなと祭に行ってきました。
お目当ては掃海艦「つしま」の一般公開。

「やえやま」型2番艦の「つしま」ですが、1番艦の「やえやま」が来月で除籍され、所属する第51掃海隊も解体されるのでどうなるのかを確認したかったのです。



尋ねたところ、「つしま」も7月1日で除籍。
乗組員は来年3月に就役する掃海艦「あわじ」の艤装員の他、各地に転属になるのだとか。
この一般公開を終え横須賀に戻った後は除籍準備に掛かるため、これが最後の航海になります。


51掃隊は解体され、「やえやま」型の3番艦「はちじょう」は「うらが」「はつしま」と共に新掃海隊を編成するそうです。


色々な艦船を見学させてもらっていますが、「つしま」は丁寧に使われていたみたいで、除籍前なのに物凄くきれいなのが印象的でした。
でも木造船なので艦体のあちことに歪が出ていて、雨が降ると士官室が雨漏りするそうです。



1日目の一般公開は掃海艦なのに掃海具の説明もなく残念だったのですが、終了後の反省会で出せるものは全部だそうということになったそうで、2日目行ってみると、格納されていたS-7・2型が懸吊されてるし、



処分用爆雷のところも入れるようになっていましたし、


訓練機雷(通称グラタン:食べられません)や掃海作業の説明看板も外に出され、



公開順路も全部変更されていました。

個人的に一番気になったのはこのフロートの上に立っている旗。


こちら掃海作業中に目印として立てる旗なのですが、通常の訓練の際に用いられるものとは違う実戦用のものなんだとか。
「まあ目立たないので使わないとは思いますけどね(笑)」だそうですが^^

他にも自衛隊広報ブースもあり、



いやでも2日間堪能させていただきました。
乗組員の皆さま、東京地本の皆さまありがとうございました。